慶應大

高橋那奈 慶應義塾大学[文学部]

中3から某予備校で映像授業をひたすら受ける日々を送るも、成績は一向に上がらず、高2秋の時点で偏差値は45。私立文系型としては致命的な”英語弱者“でした。焦った私は、藁にもすがる気持ちで…▶続きはこちら

中村綾花 慶應義塾大学[経済学部]

私は中1の頃から英会話を始めたこともあり元々英語自体は好きで得意科目でした。そのためS,V等の構文、形容詞副詞など文法は学校以外では全く教わらず、他塾にも何度か足を運んだこともしばしばありましたがつまらなくて…▶続きはこちら

大町菜々美 慶應義塾大学[文学部]

高校2年生の春、なんとなく受けた梅田先生の授業にとても衝撃を受けたのを私は今でも覚えています。授業冒頭に「将来自分が本当にやりたいことは何か、夢のために大学受験をする必要はあるのか」…▶続きはこちら

毎熊優介 慶應義塾大学[総合政策学部]

「なぜ大学に行くのか」「大学で何を学びたいのか」それを明確にしていくところから梅田先生との対話が始まります。そもそも本当に大学に行く必要があるのか。親に言われたからというくだらない…▶続きはこちら

牧大我 慶應義塾大学[環境情報学部]

梅田先生との出会いは高校一年生の冬、授業見学に教室に入ったら風邪が流行しているのかマスク姿の人が多かった記憶がある。どんな先生がくるのかと教室で待っていたら、茶髪でパーマで自信満々…▶続きはこちら

中川昌裕 慶應義塾大学[文学部]

梅田先生の授業を受けるまでは僕は個別指導の塾に通って英語を教わっていました。当時は高校1年で大学受験はあまり意識しておらず、模試なども全く受けていませんでした。集団塾ではなく個別指導で…▶続きはこちら

石野理子 慶應義塾大学[文学部]

「こういう人に面白がってもらえる人間になりたい。」高校1年生の夏休み、振替受講した梅田先生の授業で、久しぶりに胸が高鳴ったことを鮮明に覚えています。高校受験で思うような結果を得られなかった私は、とにかくリベンジに…▶続きはこちら